HANAオーガニックの特徴

MENU

HANAオーガニックの特徴

HANAオーガニックはどんな会社?

HANAオーガニックの特徴

HANAオーガニックは、オーガニックとつくように自然を意識した製品づくりをコンセプトとしている会社です。

 

作っているコスメは天然100%のオーガニックコスメで、「私史上、最高の肌へ」をキャッチフレーズにしています。

 

製品の中で美白ケア用品として宣伝されているものがいくつかありますが、トライアルキットでは「ブライトニング」という名前で提供されています。このキットには「ピュアリクレイ」「フローラルドロップ」「ホワイトジェリー」「ムーンナイトミルク」「ウェアルーUV」が含まれています。それぞれの特徴をひも解いてみましょう。

 

ピュアリクレイの特徴

ピュアリクレイは洗顔料のことです。この洗顔料にはシアやココナッツ、アルガンオイルなどから作られた石けんをもとに、ムクロジ由来の天然界面活性剤を使って作られています。洗浄成分としてはオレイン酸やラウリン酸、ステアリン酸、ビタミンEなどを豊富に含むシアやココナッツ、アルガンのオイルが配合されています。

 

また強い吸着力を持つ「クチャ」という超微粒子、毛穴汚れを吸着するマイナスイオン粒子を含んだマリンクレイを含有しています。美容成分としては「バイオエコリア」が含まれています。この成分はターンオーバーを進める事で知られています。また酸化を妨げるはちみつや、皮膚のバリア機能を回復する米ぬか発酵エキスが配合されています。

 

ターンオーバーが正常でないことはメラニン色素を排出できないことにつながるため、シミの原因要素の一つとなります。それを促進する物質が入っていることは良い事です。

 

また皮膚の表皮の角層はバリア機能を持っていますが、外部刺激や乾燥、紫外線などによってそれが弱ると敏感になり、より紫外線トラブルが起こりやすくなります。ですからバリア機能の改善も大事な点です。

 

フローラルドロップの特徴

フローラルドロップはその名の通り花のエッセンスを配合した化粧水です。水を全く配合していないのが特徴で、主な成分はブルガリア産のダマスクローズになっています。たった80mLという1本の容器に花びら3,000枚のエッセンスを配合しています。

 

このダマスクローズには保湿や抗菌作用、抗アレルギー作用など多くの機能があり、自律神経のコントロールや再生力もサポートするなど高機能なフローラルエッセンスです。また「バイオエコリア」という成分も含んでいます。これは皮膚の常在菌バランスを整える役割があります。

 

常在菌とは常に存在している菌のことですが、この成分によって善玉菌を増やし、免疫力を高める効果が期待できます。それによってシミやシワのできにくい強い肌が実現します。

 

ホワイトジェリーの特徴

ホワイトジェリーは肌のターンオーバーを促す目的のある美容液です。ターンオーバーについて少しだけおさらいしておくと、これは新陳代謝のことです。肌とか皮膚という表現はよく使いますが、肌は同じ細胞でずっとできているわけではありません。キズがつくとそこにかさぶたが出来ていずれはがれ落ち、いつの間にか新しい細胞になっているのに気づくことがあります。

 

これは肌細胞が古いものから新しいものに交換されているからです。肌は皮下組織と真皮と表皮に主に分けることができます。このうち表皮が1番外にありますが、表皮はさらに4つの層に分けられます。一番下の基底層の細胞が少しずつ上へ押し上げられていき、最終的にアカになって落ちますが、これがいわゆるターンオーバーの一連の流れです。

 

このプロセスは大事で、これによってメラニン色素は通常外へ排出されます。夏の日焼けした少年がいつの間にか通常の肌色にもどっていることがありますが、それはこのターンオーバーによるものです。

 

このプロセスは残念ながら時々その周期が乱れることがあり、そうなるとメラニンが排出されず沈着してシミになるのですが、ホワイトジェリーは新陳代謝を促す「濃縮オーガニックローズ」に加え、メラニンを抑制する「朝鮮アザミ」や「ヨクイニン」、肌の炎症を鎮静する「キハダ」や「ソウハクヒ」「チンピ」などを配合しています。

 

炎症もメラニン生成につながるものなので、抗炎症作用がある素材は大事です。

 

ムーンナイトミルクの特徴

ムーンナイトミルクには、天然の抗酸化力がある「コメ胚芽油」に加え、酸化ストレスをケアする「ローズマリー葉エキス」や「ビルベリー葉エキス」が配合されています。また肌の免疫力を高めるバイオエコリアもあります。これらの成分は本来の肌の働きを高めてくれる成分です。

 

紫外線を浴びるとヒトの体には活性酸素がたくさんできますが、これはメラニン色素の生成を促してしまうという特徴があります。抗酸化力を持つ成分があることで、この活性酸素の負の作用を抑制できると期待できます。

 

ウェアルーUVの特徴

最後にウェアルーUVですが、日焼け止めの乳液です。当たり前の話ですが、肌のメラニン色素を生成する要素をどれだけ防いても、おおもとの原因である紫外線を大量に浴び続けていたら意味がありません

 

ですから紫外線対策のための日焼け止めが大事ですが、このウェアルーには肌をやわらかくする「ハト麦種子エキス」や「シャクヤク根エキス」、「コメヌカ油」や「ツバキ油」、「グリセリン(サトウキビ由来)」をミックスした保湿成分などが含まれています。紫外線は一年中注ぐもので、怠るとダメージが蓄積されてしまいます。

 

肌の内部ケアとともに、外から来る刺激への対策も合わせてトータルのシミケアを図りましょう。現在HANAオーガニックではこれらの商品が入ったトライアルセットが税込1,480円で提供されていますので、まずは自分の肌を生かすかどうか試してみると良いでしょう。

 

HANAオーガニックの特徴

 

 

関連ページ

アンプルールの特徴を教えて
「ドクターズコスメ」というキャッチフレーズで化粧品を製造しているアンプルールは医学的アプローチで肌の悩みを解決して美肌を目指すコスメを製造しています。このアンプルールのコスメのシミ対策としての効果やおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。
ディセンシアのサエルってどんな商品?
「敏感肌は、どこまでも美しくなれる」をモットーに開発を続けているPola・Orbisグループの立ち上げたサービスブランドであるDecenciaは乾燥肌・敏感肌専門ブランドというユニークなコンセプトで化粧品開発をしています。このディセンシアのサエルのシミ対策としての効果やおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。
ビーグレンってどんな特徴がある?
アメリカのビバリーヒルズのラボラトリーから発症した化粧品会社であるビーグレンは「肌の奥まで成分をしっかり浸透させる事」にこだわり、適切な成分を必要な場所に届けることを実現し、効果を狙います。ここではビーグレンの化粧品のシミ対策としての効果やおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。
ロスミンローヤルってどんな薬?
女性にとっては悩みの種である小じわやシミやそばかす、肌荒れを改善するために開発された、ロスミンローヤルという薬はシミ効くと認められている医薬品です。このロスミンローヤルのシミ対策への効果やおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。