ビーグレンってどんな特徴がある?

MENU

ビーグレンってどんな特徴がある?

ビーグレンはアメリカ生まれの化粧品会社

ビーグレンってどんな特徴がある?

ビーグレンと聞くとまだあまり聞き慣れていないという人が少なくないでしょう。

 

ビーグレンはアメリカのビバリーヒルズのラボラトリーから発祥した化粧品会社です。

 

まだ資生堂やポーラほど有名ではないですが、なかなかの実力のある会社としてメディアでも掲載されています。

 

この会社の最高研究責任者であるブライアン・ケラーという研究者は、ドラッグデリバリーシステムというユニークな発想の研究をしていて、治療のための薬を効率的に患部に届けるための技術を模索しています。そういう技術を化粧品に応用しているのがビーグレンの製品です。その技術をもう少し具体的に説明すると、「QuSome」という名前のテクノロジーが応用されています。

 

この技術の基本の考えは、「肌の奥まで成分をしっかり浸透させる事」です。ビーグレンでは「浸透深度」という言葉を使っていますが、簡単に言えばQuSomeとは肌の表面だけに有効成分を塗るのではなく、その効果を最大限生かすために肌奥に行き渡らせるテクノロジーということです。

 

世の中にはいろいろな化粧品が出回っていますが、すべての化粧品が肌の奥まで有効成分が届いているわけではありません。よくお風呂に入って、「体の芯まであったまる」という表現を使うことがありますが、ちゃんとした入浴をしていないと体の表面だけが温まってしっかりと内臓が温まらないのと同様、化粧品の成分も皮膚の表面だけに塗られているようならあまり意味がありません。

 

QuSomeはその成分を奥へ奥へと持っていく上で役立つ技術なのです。QuSomeで使用される粒子の大きさはハリの先よりもさらに小さいナノサイズの粒子です。その小ささゆえに肌の角質層に有用成分を連れていってくれますが、さらにそこで長時間とどまることでさらなる効果を期待できます。

 

ビーグレンの化粧品の特徴

ではここからはビーグレンの化粧品の特徴をいくつか解説したいと思います。ビーグレンでは4つのステップを軸にシミ対策を考えています。洗顔と保湿と肌を整えることと、保護することです。まず洗顔では古い角質を落として潤いを残すことが大切です。よく皮脂を気にして洗顔をやりすぎるという人がいますが、本来適度な皮脂は保湿効果を持つものです。

 

でも洗浄力が強すぎる石けんなどで根こそぎ取ってしまえば感想を招きます。そして乾燥状態の肌はバリア機能が弱く、紫外線などにも抵抗力が未熟です。ですから洗顔は適度にすることが大事です。ビーグレンの洗顔料には天然の「モンモリロナイト」が含有されています。また洗顔には古い角質を落とす作用もあります。

 

古いものが新しい細胞にとって代わられることがターンオーバーで、これがメラニン抑制のポイントの一つですから、洗顔をないがしろにできません。保湿については多くの人が知っているように、肌のやわらかさを保つ上で大切です。

 

水気のないパンなどをイメージすれば分かりますが、肌を乾燥させないように保湿するだけでも、肌状態というのは違ってきます。そしてその次に肌を整えるというステップですが、ここではビタミンCや「ハイドロキノン」といった成分を通して結果的にターンオーバーを促します

 

そして最後のステップが保護です。濃密なクリームによって潤いを保つことで弾力を与えます

 

モンモリロナイトとビタミンCとハイドロキノンはどんな効果があるか?

洗顔剤に配合されているモンモリロナイトは、簡単に言えば粘度です。といってもすぐに連想するあの粘土ではなく、非常に小さいサイズの結晶体です。この粘土は有機物を吸着して取り除くという効果があります。この成分を洗顔料に配合することで、毛穴の奥の汚れまで吸着することができます。

 

またきわめて小さいゆえに肌を不必要にゴシゴシと摩擦してしまうことはありません。このモンモリロナイトが皮脂やアクネ菌、古い角質などを吸着することで肌環境を清潔にしています。

 

またビタミンCに関してですが、こちらにはメラニン色素の生成を妨げたり、できたメラニン色素を淡色化したり、活性酸素というメラニン生成を促す物質を除去したりするサポート作用があります。

 

ハイドロキノンはあまり耳慣れないワードですが、この成分もメラニンが大量に生まれるのをコントロールする役割があります。また濃いメラニン色素を還元して淡くします。実はメラニンは「チロシン」が「チロシナーゼ」という酵素と結びついて酸化して生まれます。この反応を逆転させるようにして淡い色にするのがこのハイドロキノンの作用です。

 

ビーグレンの化粧品はこうした有効成分をQuSome技術と合わせて的確に肌へ送り届ける新しいタイプの化粧品と言う事ができます。現在ビーグレンでは、ホワイトケア トライアルセットが税込1,944円で提供されています。急にまとまった化粧品を買うのに抵抗がある人はまずこのトライアルセットを通してシミへのアプローチ具合を観察してみると良いでしょう。

 

ビーグレンってどんな特徴がある?

 

 

関連ページ

HANAオーガニックの特徴
自然を意識した製品づくりをコンセプトとしているHANAオーガニックは天然100%の化粧品は天然100%のオーガニックコスメで「私史上、最高の肌へ」のキャッチフレーズが有名です。このHANAオーガニックのコスメのシミ対策としての効果やおすすめポイントについてわかりやすく解説していきます。
アンプルールの特徴を教えて
「ドクターズコスメ」というキャッチフレーズで化粧品を製造しているアンプルールは医学的アプローチで肌の悩みを解決して美肌を目指すコスメを製造しています。このアンプルールのコスメのシミ対策としての効果やおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。
ディセンシアのサエルってどんな商品?
「敏感肌は、どこまでも美しくなれる」をモットーに開発を続けているPola・Orbisグループの立ち上げたサービスブランドであるDecenciaは乾燥肌・敏感肌専門ブランドというユニークなコンセプトで化粧品開発をしています。このディセンシアのサエルのシミ対策としての効果やおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。
ロスミンローヤルってどんな薬?
女性にとっては悩みの種である小じわやシミやそばかす、肌荒れを改善するために開発された、ロスミンローヤルという薬はシミ効くと認められている医薬品です。このロスミンローヤルのシミ対策への効果やおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。