アンプルールの特徴を教えて

MENU

アンプルールの特徴を教えて

ドクターズコスメのアンプルール

アンプルールの特徴を教えて

アンプルールは「ドクターズコスメ」というキャッチフレーズで化粧品を製造している会社です。

 

開発ディレクターに皮膚科医師を招いていて、医学的アプローチで肌の悩みを解決して美肌を目指すことを目標としています。

 

髪や頭皮に対するアプローチとしてヘアケア用品に力を入れていたり、たるみやシワ対策としてエイジングケア製品を開発したりしていますが、もちろん美白ケアにも力を入れています。

 

アンプルールの製品の評価は高く、美白ケア製品であるラグジュアリーホワイトシリーズの商品は、モンドセレクションで金賞を取るほどの実力です。

 

中には2年ないし3年連続で受賞しているものもあります。そんなアンプルールの美白化粧品について詳細を見てみましょう。

 

ラグジュアリーホワイトシリーズの特徴

このラグジュアリーホワイトシリーズの要と言える成分、それは「新安定型ハイドロキノン」です。これは従来のハイドロキノンを安定化させて配合したクリームです。多くの化粧品でハイドロキノンはよく使われている成分です。ハイドロキノンにはメラニン色素還元効果が認められています。

 

少し解説すると、体には「チロシン」という成分がありますが、これが「チロシナーゼ」という酵素とくっついて私たちのよく知るメラニン色素となります。メラニン色素は紫外線などによって酸化して黒くなります。ハイドロキノンはそのプロセスをいわば逆再生して還元することでシミを薄くする効果があるというわけです。

 

またこの成分はチロシナーゼを抑制する点においては、一般的な美白に効くとされる成分の100倍近くにもなるほどの効果があります。さらにチロシンにも直接アプローチして阻害するので、こうしてメラニン色素生成が抑えられるのです。このように見えるシミを隠すのではなく、原因物質を抑制することでシミの根本的な対策となるので、ハイドロキノンは注目されています。

 

ただハイドロキノンはデメリットとして肌への刺激が強いことが問題です。体質に合わなければ赤みを引き起こしますし、紫外線に触れることで逆にシミを濃くすることさえあります。他にも光や酸素に対して不安定であることも問題でした。

 

この点アンプルールのラグジュアリーホワイトシリーズではこのハイドロキノンを「BCDAC」というプロテクターと合成させた新安定型ハイドロキノンを世界で初めて化粧品に配合しました。これによって美白効果を保ちながら光や熱に耐性があり、刺激も少なくなっています。

 

パッチテストにおいてもアレルギー反応の問題はありませんでした。ハイドロキノンをさらに改良した成分を配合することで、アンプルールは強い化粧品を作ることに成功しています。

 

では新安定型ハイドロキノンを使ったアンプルールの化粧品を具体的に紹介します。

 

ラグジュアリーホワイトシリーズ「コンセントレートHQ110」

まずスポット的にシミをケアする製品としてコンセントレートHQ110があります。これはハードジェルタイプの美容液で、気になる部分に塗って密着させ、寝ている間に断続的にシミにアプローチするナイトケア用品です。

 

特殊なシリコンジェルの中にある新安定型ハイドロキノンの内包カプセルが少しずつ崩れていきますが、そこからタイムラグの中でハイドロキノンが放出されていき、シミを抑制し還元します。この商品ではさらに、メラニン色素を誘発するものを阻害することにも重点を置いています。

 

メラニンは紫外線(UVA)によって生まれた活性酸素や炎症によっても生成が促されてしまいます

 

それでメラニン色素に働きかけるだけでなく、刺激因子にも作用する成分を含んでいます。例えば活性酸素に対して抗酸化作用がある「α‐リボ酸」や、抗炎症作用がある「ビサボロール」、チロシナーゼの活性化を阻害する「甘草フラボノイド」、抗炎症作用や新陳代謝促進効果がある「シコンエキス」などです。

 

こうしたサポート成分を含むことで、シミ対策をまんべんなく行う商品になっています。

 

 

3年連続モンドセレクション金賞受賞の「薬用アクティブフォーミュラU」

続いて薬用アクティブフォーミュラUですが、こちらはデイ&ナイトケア用品です。こちらの商品は「24時間美白アプローチ」というコンセプトを掲げていて、とにかくメラニンの大量生成によるシミの発生を起こさないために、原因要素をつむ成分を配合しています。つまり予防のための美白成分を配合しています。

 

紫外線によって活性酸素が発生すると、炎症も発生しますが、その中でチロシナーゼも活性化してメラニン色素は生成されてしまいます。

 

でも「アルゲエキス」などでまず光ダメージ対策を施し、活性酸素に対しては抗酸化作用のある「フェルラ酸」や「グルコシルルチン」、炎症には抗炎症作用のある「シコンエキス」や「グリチルリチン酸2K」、チロシナーゼ抑制には「ハイドロキノン誘導体、そしてメラニン排出を促す「ビタミンC誘導体」を働かせるので、都度のアプローチによって1日中美白対策をしてくれます。

 

シミ対策には、できたシミをうすくするだけでなく、これからのシミ予備軍に抵抗することも含まれます。どういう成分がどんな働きを持っているかを把握したうえで商品を試すと良いでしょう。

 

アンプルールの商品はけっこういいお値段がするのがネックですが、現在トライアルキットが税込1,809円という安さで試供されているので一度試してみると良いでしょう。

 

アンプルールの特徴を教えて

 

 

 

 

 

関連ページ

HANAオーガニックの特徴
自然を意識した製品づくりをコンセプトとしているHANAオーガニックは天然100%の化粧品は天然100%のオーガニックコスメで「私史上、最高の肌へ」のキャッチフレーズが有名です。このHANAオーガニックのコスメのシミ対策としての効果やおすすめポイントについてわかりやすく解説していきます。
ディセンシアのサエルってどんな商品?
「敏感肌は、どこまでも美しくなれる」をモットーに開発を続けているPola・Orbisグループの立ち上げたサービスブランドであるDecenciaは乾燥肌・敏感肌専門ブランドというユニークなコンセプトで化粧品開発をしています。このディセンシアのサエルのシミ対策としての効果やおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。
ビーグレンってどんな特徴がある?
アメリカのビバリーヒルズのラボラトリーから発症した化粧品会社であるビーグレンは「肌の奥まで成分をしっかり浸透させる事」にこだわり、適切な成分を必要な場所に届けることを実現し、効果を狙います。ここではビーグレンの化粧品のシミ対策としての効果やおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。
ロスミンローヤルってどんな薬?
女性にとっては悩みの種である小じわやシミやそばかす、肌荒れを改善するために開発された、ロスミンローヤルという薬はシミ効くと認められている医薬品です。このロスミンローヤルのシミ対策への効果やおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。