シミの原因と病院でできるシミの治療法

MENU

シミの原因と病院でできるシミの治療法

シミの代表選手:老人性色素斑

シミの原因と病院でできるシミの治療法

年齢を重ねてくると気になってくるのが肌のシミです。

 

丸い形をしたわりと大きく境目も目立つシミが確認されたら、それは老人性色素斑である可能性が高いです。

 

老人性という言葉がつくからといって、もう高齢者なんだとがっかりする必要はありません。この種のシミは10代でも20代でも発症するものだからです。

 

ではなぜ老人性と呼ばれるかと言うと、このシミは長い期間溜まってしまった紫外線ダメージが、40歳くらいになって徐々に現れてしまうことが少なくないからです。もちろん40代が老人と言うわけではありませんが、加齢も影響しているのでこう呼ばれています。

 

この種のシミが代表的なシミです。老人性色素斑は顔だけにできるのではありません。他にも腕や手の甲など紫外線があたりやすい部位に発生します。

 

というわけで若い時に部活で、あるいは社会人になって外回りが多くいつも紫外線対策もせずにモロに浴び続けていたような人はこのシミのリスクが高いです。

 

紫外線の刺激によってシミができる理由

紫外線には種類があってUV-AとUV-Bがあります。他にもありますが人体に影響をもたらすのは基本この2種類です。

 

このうちUV-Aの方が全体量が多いですが、UV-Bよりはエネルギーは弱いのが特徴です。UV-Aは波長が長く、一部が真皮にまで到達し、UV-Bは表皮くらいまでです。

 

先にUV-Aについてですが、この紫外線が肌に当たり続けると、コラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンなどが生成される細胞がダメージを受けます。これらの細胞は肌にハリを生んでくれるものですが、不足することでシワが出てくると考えられます。しかしそれだけではありません。UV-Aは体に活性酸素をたくさん生みだしてしまいます。

 

活性酸素は本来最近やウイルスを撃退してくれるありがたいものですが、近年注目されている点として、体を酸化させてしまう事が分かっています。よく言われるように金属をサビさせるかのように細胞を酸化させて傷めてしまうのです。これが老化に関係していると指摘されています。

 

ではこの活性酸素がシミとどう関係するかと言うと、活性酸素が増えることによって、表皮にあるメラノサイトという色素細胞が活性化し、メラニン色素をたくさん作りだすようになります。これによって酸化のダメージを緩衝してくれていると予想されますが、いずれにしろメラニン色素が多くなることでシミのファクターが多くなります

 

それが沈着すればシミとなるということです。活性酸素を増やすのはUV-Aだけではありませんが、このようにUV-A は活性酸素というものを介してシミの原因となるのです。続いてUV-B ですが、こちらはその強力なエネルギーによって表皮を軽くやけどさせるような影響力があります。でもここで体は防衛反応を起こします。

 

メラノサイトがメラニン色素をたくさん作って表皮にバリアを張るのです。それによって紫外線を吸収して肌にダメージを与え続けないように保護してくれるのです。でも大量に生成されたメラニン色素が、ターンオーバーの乱れなどによって体外へ処理されないでいると、肌にとどまってしまいシミを作ってしまいます

 

本来有用だったシミが、今度は美容の目の敵にされる理由がここにあります。

 

病院でシミのケアをするには?

以上のように老人性色素斑は紫外線を主な原因要素として、メラニン色素が沈着することによって生じる問題です。ではシミを消すために病院でできることがあるでしょうか?

 

病院ではレーザー治療や光線治療、ピーリングを行うことによって対策が取れます。

 

レーザー治療は、メラニン色素に反応する波長のレーザーを照射してメラニン色素を破壊する仕組みです。そのかさぶたが形成されてやがてはがれ落ち、その後ピンクの新しい皮膚細胞が現れるようになります。

 

光線治療では光線を顔に照射してシミを穏やかに改善する治療です。レーザーや光は脱毛治療にもよく使われる手法ですが、レーザーの方が光よりふつう強力です。

 

ピーリング酸性の化学物質などを肌に塗って、古い角質を除去するという方法です。いわばターンオーバーのサポートをするわけです。ターンオーバーは新陳代謝と呼ばれることもありますが、一定の周期によって肌の細胞が生まれ代わるプロセスのことです。

 

これが順調じゃないと古い角質が残ってしまってシミや乾燥やシワの原因となってしまいます。例えでいうと、流れがない川に不純物やゴミがたまってしまい汚くなっているような感じです。流れが順調であれば川も滞って見た目が悪いように、古い角質がとどまることでシミなどの排出が進みません。ですからピーリングをすることで肌を活性化させてシミ対策となります。

 

とはいえこうした治療方法をやっても、引き続き紫外線を受け続けるようであれば意味がありません。また新たなシミの問題を抱えることになりかねません。

 

ですから皮膚科専門医との相談の元、紫外線対策も考えながらシミケアをしましょう。

関連ページ

みっともないシミの跡?なんでできてしまうの?
たとえ肌が全体的に綺麗であったとしても、シミ跡がぽつんとでもあればどうしてもそこに目が言ってしまいがちです。美肌は美人の条件の一つといえますが、綺麗な肌にもシミがあると全体が台無しですよね?ここでは、あるとみっともなく見えてしまうシミの跡が出来てしまう理由についてわかりやすく解説していきます。
シミ取りに効く化粧品の特徴
女性の中でも、目鼻口などのパーツが非常に整っているのに、肌が汚いことで印象が良くなく、損をしている人もいますよね?それだけに、女性にとって肌は美を構成する大事な要素と言えます。ここでは、肌からシミを取って美肌を取り戻すのに有効な化粧品の特徴についてわかりやすく解説していきます。
シミ取りに化粧品は効果あり?
コラーゲンやヒアルロン酸、コエンザイム、オードムーゲにプラセンタなどと聞くといかにも効きそうな雰囲気を感じてしまいますが、化粧品で本当にシミ取りの効果はあるのでしょうか?ここでは化粧品が本当にシミ取りの効果を期待できるのかわかりやすく解説していきます。
シミ治療後に心がけることは?
白い服にコーヒーをこぼしたような色白肌のシミは、常日頃から美容を心がけ、いろいろなケアに心を砕く女性にとって、非常にやっかいな存在といえますよね。しみを取るためにレーザー治療などの方法がありますが、この治療をした跡に心がけておかないといけないことについてわかりやすく解説していきます。