シミ取りに効く化粧品の特徴

MENU

シミ取りに効く化粧品の特徴

シミが出来る仕組み

シミ取りに効く化粧品の特徴

女性にとって肌は美を語る上で外せないテーマです。

 

よく「顔の各パーツが良くても肌が汚い」と言われる人がいます。

 

確かに目の大きさや口の大きさ、鼻の形などは美人を形成する重要な要素ですが、なんといっても肌は顔の中で大部分を占める箇所です。

 

ここが透明感のある肌質でないと、見た目の印象もだいぶ変わってしまうものです。しかし残念の事に肌はちょっとしたことでもすぐに影響を受けて、シワやシミを作ってしまいます。特にシミに関しては、一年中降り注ぐ紫外線によっていつでも誕生のリスクがあります。

 

外で活動することが多い人、色白の人、敏感肌の人は特にシミによるコンプレックスに遭いやすく、早い人は10代でも20代でも悩んでいます。ではそんな面倒なシミができてしまうの基本的な理由をおさらいして、対策としておすすめな有効成分をご紹介したいと思います。

 

シミの大きな原因は紫外線です。UVカットという言葉はあまりにも有名なので、誰でも紫外線は有害な側面があることは知っていると思いますが、シミとどんな関係があるでしょうか?

 

少し例えで考えてみましょう。よく紫外線対策のための日傘は黒くコーティングされていることがあります。黒色は紫外線を吸収する色として有名ですが、紫外線が強くなる夏は多くの人がこうした日傘をさしています。ではそれを上空から見てみるとどんな風に見えるでしょうか?

 

当然黒っぽい傘が点々としている状態です。ある意味これと似たようなことが肌でも起きます。紫外線を受けると私たちの体は防衛反応を示します。肌の表皮と呼ばれる箇所にある場所にあるメラノサイト(色素細胞)がメラニン色素というものを生成します。よくシミのもととして嫌われる物質です。

 

そしてこのメラニン色素が表皮にバリアのようなものを形成して紫外線を吸収しようとします。いわば日傘がいっせいにさされているような感じです。

 

夏に太陽に当たり続けると肌は日焼けを起こしますが、あれはこのようなメラニン色素の働きによるもので、色が変わるのは防衛反応なのです。でも日焼けはいずれ時間と共に消えていきます。なぜなら紫外線量によってメラニン色素の生成がおさまり、その色素はいずれ肌のターンオーバー、つまり肌細胞の交換プロセスによって外へ排出されるからです。

 

ですからこの仕組みにおいてメラニン色素は大事な存在です。これがなければ日傘をささずにモロに直射日光を受けるようになるのと同じで、紫外線によるダメージで皮膚がんなども誘発されかねません。

 

メラニン色素は悪者ではなく味方なのです。でももしターンオーバーが滞ってしまって排出されないと、肌に沈着してシミとして見えてしまいます。

 

そうなると急転直下、今度はやっかいな存在として見られます。外では役に立っていたあの日傘が、部屋の中や電車の中では邪魔な存在に見られるようなイメージでしょう。このようにシミとは、紫外線などによる刺激から身を守ってくれるメラニン色素が肌内にそのまま残ってしまうことが基本的な原因です。

 

シミに効く化粧品はある?

シミは濃く大きくなっていくことがあります。そして一度できたシミは取りにくいのが現状です。それで目立つシミをレーザー治療などで破壊してしまう人もたくさんいます。でもレーザーと聞くとぴんと来ないとか、あまり外科的なことはしたくないという人もいるでしょう。

 

確かにレーザーはシミ消しに効果的ですが、これから生まれるかもしれないシミを完全に予防してくれるわけではありません。ですからそういう時は、美白化粧品などを通して、シミを薄くしたり予防したりすることが大切です。ではどんな化粧品を選んだら良いでしょうか?

 

肌には個人差があって、すべての人に100%効果があって刺激が少ないものを探すのは正直不可能でしょう。でもシミ対策として有効な成分を少し把握しておくなら、化粧品を試すうえで役立ちます。

 

というわけで有効成分をいくつかご紹介します。

 

シミに聞く有効成分

シミにとても効果があるとしてよく話題にされるのが、「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体ですが、これには活性酸素を抑制して、メラニン色素を還元する作用、そしてターンオーバーの正常化という作用があります。活性酸素は紫外線などの刺激で生まれます。

 

ウイルスなどを殺菌してくれる物質ですが、強い力を持っているので自分の体を傷つけることもあります。これが多くなるとメラノサイトは刺激され、メラニン色素はたくさん出してしまいます。ビタミンC誘導体は活性酸素を抑制することでこの仕組みを阻害しているのです。

 

またメラニン色素というのは「チロシン」と「チロシナーゼ」という物質の合体したものですが、この関係性を解消してくれる作用もあるので、シミを薄くする効果もあります。

 

そしてターンオーバーが正常化すればメラニン色素の排出がうまくいきやすいのでこれもシミ対策となります。化粧品を選ぶ時はこのビタミンC誘導体を配合しているかどうかを見てみると良いでしょう。

関連ページ

みっともないシミの跡?なんでできてしまうの?
たとえ肌が全体的に綺麗であったとしても、シミ跡がぽつんとでもあればどうしてもそこに目が言ってしまいがちです。美肌は美人の条件の一つといえますが、綺麗な肌にもシミがあると全体が台無しですよね?ここでは、あるとみっともなく見えてしまうシミの跡が出来てしまう理由についてわかりやすく解説していきます。
シミの原因と病院でできるシミの治療法
年齢を重ねてくると肌のシミが気になるようになってきます。シミが顔の中に目立ってくるとやっぱり年齢を感じさせてしまいますし、印象としても暗く見えてしまいがちです。ここでは、シミが出来てしまう原因と病院でできるシミの治療法についてわかりやすく解説していきます。
シミ取りに化粧品は効果あり?
コラーゲンやヒアルロン酸、コエンザイム、オードムーゲにプラセンタなどと聞くといかにも効きそうな雰囲気を感じてしまいますが、化粧品で本当にシミ取りの効果はあるのでしょうか?ここでは化粧品が本当にシミ取りの効果を期待できるのかわかりやすく解説していきます。
シミ治療後に心がけることは?
白い服にコーヒーをこぼしたような色白肌のシミは、常日頃から美容を心がけ、いろいろなケアに心を砕く女性にとって、非常にやっかいな存在といえますよね。しみを取るためにレーザー治療などの方法がありますが、この治療をした跡に心がけておかないといけないことについてわかりやすく解説していきます。