シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

MENU

シミを消したい!シミ取りにおすすめのクリームはなに?

シミは隠すもの?消すもの?

どんなに年を重ねても肌の具合は気になるものです。「シミを消したいけど、歳だからしょうがない」と思ってもシワやくすみやシミは女性にとっての永遠の敵です。

 

最近はいろいろ機能的な化粧品もあり、ファンデーションやコンシ―ラ―などでうまい具合に肌を明るくすることはできます。

 

でもシミを隠すのにも限界があります。

 

やはり根本的な対策をしないとシミは消えてはくれません。ではシミを効果的に薄くしたり消したりするにはどうしたら良いでしょうか?それを知るにはまず、シミの原因を把握することが大切です。敵を知れば身の守り方も見えてくるわけです。

 

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

 

メラニンは悪者ではない

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

シミと聞いてまず思い浮かぶのはおそらくメラニン色素でしょう。メラニン色素に関してはこれまえ何度となく語られてきているので、誰でも一度は耳にした事のある物質だと思います。

 

よく知られているようにメラニン色素は肌を褐色に見せてしまいます

 

でも実はメラニン色素が私たちの体にとても有用な働きをしてくれると知ったら驚く人もいるでしょう。

 

メラニン色素には実は2種類あって、「ユーメラニン」という黒・褐色の色素と「フェオメラニン」という橙・赤っぽい色素があります。日本人に多いのはユーメラニンです。このメラニン色素は日本人女性の美しい黒髪を演出してくれます。もしメラニン色素が黒く髪を染め上げてくれなかったら、ほとんどの人は白髪のまま生活することになります。

 

メラニン色素は美容のためだけに作用するのではありません。さらに体を保護する役割も持っています。紫外線を受けると、人体の中のメラノサイトというメラニン色素を作る部分が刺激を受けメラニン色素が生産されますが、実はこのメラニン色素は紫外線によるダメージをカットするための防御壁のように働いてくれます。

 

また紫外線によって活性酸素という物質が増えると、その強い酸化力から体を保護するためにやはりメラニン色素が生成され(活性酸素は細胞を「サビ」させることが分かっています)、それが酸化ダメージをやわらげてくれると考えられています。

 

つまりまとめると、メラニン色素は紫外線や、紫外線から生まれてくる活性酸素に抵抗するための味方だということです。

 

ではなぜ本来味方であるはずのメラニン色素が、女性を悩ませるあのシミになってしまうんでしょうか?理由は簡単です。体外に排出されないからです。肌細胞を定期的に更新されて、古い肌細胞は新しい肌細胞へと本来生まれかわっていきます。

 

この肌の新陳代謝のことをターンオーバーといいますが、このターンオーバーがうまくいかないとメラニン色素はアカとなって出て行ってくれません。それでシミとして褐色の跡を残してしまうのです。ですからよく言えばシミは、自分の体が保護されていた証拠ですが、悪く言えば残骸という感じです。

 

メラニン色素は本来悪者でもなんでもなく体の保護機能です。でも複雑に関係している肌にこのようにほころびが出ると、美容にとっては障害となるのです。それで言えばかさぶたと同じかもしれません。かさぶたも傷が消えて肌が新しくなるために必要なものですが、見た目は良いものではありません。

 

シミの消し方と対策

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

ではできてしまったシミを消すにはどうしたら良いでしょうか?答えは大きく分けて2つあります。

 

皮膚科専門医などによる根本的な治療をするか、美白化粧品などで薄くするかです。

 

大まかに言えば前者はシミのもとであるメラニン色素を破壊することができます。

 

一方前者は大きく濃くなったシミを全て消し去るにはいささか不十分なところがあります。

 

どちらかというと美白化粧品はシミを薄くしたり、将来のシミの予防として機能する感じです。

 

ですから特に気になるシミが今あるのなら病院での専門的な治療を受け、それと同時に美白化粧品で手軽なアプローチをして様子を見るという選択肢が取れます。

 

ではそれぞれの対策の特徴、そして根本原因である紫外線対策について出来ることを見てみましょう。

 

病院での専門的な治療

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

病院での治療はまず、シミの種類を特定することが大事です。

 

シミと一口に行っても、ここまで説明してきたようなシミ(老人性色素斑)とは別に、肝斑やそばかす(雀卵斑)、炎症後色素沈着などがあります。

 

あるシミには有効でも他のシミには逆効果ということもあります。

 

ここではシミと言ってイメージする円形の、境目がわりとはっきりしている老人性色素斑の治療を前提に話を進めたいと思います。

 

治療法として代表的なのはまずレーザー治療です。「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」などがありますが、こちらは強いレーザー光線を照射することで短期間でシミを処理できます。

 

だいたいのシミは1回で取れてしまいます。ただダウンタイムがわりと長く、かさぶたも形成されるために職業柄避けたいという人もいます。さらに炎症後色素沈着も発症する可能性がそこそこ高いというトラブルもあります(この色素沈着は放っておけばしばらくなくなります)。それに対して、光を使ったフォト治療というのがあります。

 

こちらは少しずつシミを薄くしていく方法で、半年くらいの期間を見るとよいでしょう。レーザーはスポット的に治療するのに対し、フォト治療は広い範囲をカバーできます。またダウンタイムも特にないので、目立たない治療をしたい人はこの方法を選ぶことが少なくありません。

 

化粧品でのシミ対策

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

費用や施術に不安がある人の場合は、レーザーやフォト治療は避けたいということもあるでしょう。

 

そういう場合は美白化粧品を使ってのシミ対策もできます。

 

うまく使ってシミを薄くしたり、メラニン生成をおさえたり、ターンオーバーを促進したりすることが可能です。

 

どれくらい効果があるかは個人差やシミの程度にもよってきますが、合うものに出会えれば効果的な対策となります。では具体的にどんな成分がシミ対策に効果を発揮するんでしょうか。

 

よく名前があがるのは「ハイドロキノン」「トレチノイン」「ビタミンC誘導体」「トラネキサム酸」などです。それぞれの特徴を見てみましょう。

 

ハイドロキノンの効果

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

ハイドロキノンという成分は、メラニン色素の生成を防ぐのに効果があります。

 

こちらは肌の漂白剤とも呼ばれているほど美白に効果があります。

 

濃度としては4%以下にしているものが多いですが、刺激が強いので注意が必要な成分ともされています。

 

下で説明するトレチノインとよく併用されますが、それによって浸透力が高まるとされています。

 

具体的に言うと、ハイドロキノンは予防のためと、シミを薄くするための2つの効果があります。

 

まず薄くするプロセスですが、ハイドロキノンには還元作用があります。簡単に言えばこれは、酸化を逆戻りさせるということです。「チロシン」という物質が「チロシナーゼ」という酵素と結びついて酸化すると黒いメラニン色素になります。

 

ハイドロキノンはここに働きかけて酸化を還元し、シミの色を薄くする効果があります。また予防という観点から言うと、チロシナーゼの働きを阻害することでそもそもメラニン色素の生成を抑えることができます。アメリカでも一般的な美白剤として使われていますが、ハイドロキノンには注意点もあります。

 

即効性を求めて濃度をあげたものを使うと、肌への刺激を感じてしまいます。ですから敏感肌の人はパッチテストをするなどして、自分の肌への影響をよく図らなければなりません。

 

また割と不安定な成分のため、濃度が高いものを使ったり、長い間使っていると肌の色が抜けてしまう現象が起きることがあります。

 

白斑という現象ですが、不安な人は皮膚科専門医とよく相談の上使用を考慮しましょう。

 

トレチノインの効果

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

上でも書いたようにこの成分はハイドロキノンと併用されることが多いです。

 

この成分の特徴はターンオーバーを促進することです。

 

ターンオーバーの乱れがメラニン色素の残留につながりシミの要素の一つとなりますから、ここを促進することでシミ対策になります。

 

いわば配達員のようにメラニン色素を外へ外へと押しやってくれる作用、それがトレチノインの特徴です。

 

ハイドロキノンと併用することで、メラニン生成を防ぎ、還元し、そして外へ追いやるというトータルのシミケアが可能になります。

 

トレチノインの注意点としては、紫外線対策が重要だという事です。この成分を遣っている時は肌が少し弱くなっています。ですからいつも以上に紫外線のダメージを受けやすくなっています。

 

もし多くの紫外線を浴びてしまえばシミが逆に濃くなることもあり、慎重な使用が必要となります。ちなみにこれは上のハイドロキノンにも言えることです。またかゆみや赤みも報告されているので、敏感肌が気になる人は皮膚科専門医との相談の元に使用するかどうかをよく考えましょう。ミイラ取りがミイラにならないように注意が必要です。

 

ハイドロキノンとこのトレチノインをともに配合しているクリームとしては「メラロング」があります。このクリームに関してある40代の女性は

 

「何度もリピしてます。シミがかなり薄くなりました。肌のトーンも明るくなるので、これからも使い続けます(引用元:https://www.idrugstore.jp/product/51035/review」

 

とコメントしています。

 

また別の女性は

 

「リピート購入です。 シミはゆっくりですが消えていきます。肌も綺麗になっていくので使い続けています。特に副作用はなく私には合っています。(引用元:https://www.idrugstore.jp/product/51035/review)」

 

と話しています。

 

濃度がわりと低めのためかゆっくりした効き目と形容している人は他にもいましたが、効果はそれなりに感じるというコメントが目立ちました。

 

ビタミンC誘導体の効果

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

ビタミンC誘導体はビタミンCと似た成分ですが、ビタミンCは抗酸化作用を持っているもののすぐ壊れてしまう性質があるのに対し、ビタミンC誘導体は安定するように改良された成分です。

 

この成分には上記のハイドロキノンと同じように、メラニン色素の還元作用があるほか、新陳代謝を促進する効果もあり、抗酸化作用があることでも知られています。

 

抗酸化作用がシミに良いと言えるのは、活性酸素に抵抗するものだからです。すでに見たように、活性酸素の生成はメラニン色素の生成へとつながります。ですから抗酸化作用を持つビタミンC誘導体がメラニン色素の生成阻害をしてくれると期待できます。この成分の注意点としては、乾燥肌のリスクがあることです。

 

というのもビタミンC誘導体は皮脂の分泌をコントロールする働きがあるからです。皮脂は多すぎるとダメですが、保湿効果があるために不足しているのも問題です。もしビタミンC誘導体を使って肌が乾燥してしまったら、ターンオーバーに不調が出てしまいます。ですから乾燥肌が気になる人には慎重さが求められます。

 

ちなみに化粧品ではビタミンC誘導体とではなく、「リン酸アスコルビル」とか、「アスコルビン酸ステアリン酸エステル」といったように表記されていることがありますので、詳しくは皮膚科や薬剤師に確認しましょう。アンプルールの「ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX」などが知られている商品です。

 

トラネキサム酸の効果

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

トラネキサム酸は、抗炎症効果を持つ成分です。

 

紫外線を浴びると表皮の基底層にあるメラノサイトはメラニン色素を作るようにという指令を受けますが、トラネキサム酸はその情報をいわばインターセプトして阻害します。

 

その結果メラニンの生成が抑制されます。

 

こちらの成分の危険性はあまり報告されていませんが、人によっては発疹や嘔吐などを覚える人がいます。妊娠中などデリケートな体調のもとにある人は特に、皮膚科専門医の説明を仰ぐようにしましょう。こちらでは「トランシーノ」が有名です。

 

忘れてはいけない!紫外線対策!

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

最後に紫外線対策についても簡単に説明します。

 

紫外線を受けるだけ受けてなんとか病院で治療したり美白化粧品を使って予防したりというのでは不十分です。

 

やはり浴びる紫外線量にも気を配らないといけません。

 

夏に紫外線対策をする人はたくさんいますが、紫外線は通年やってきます。

 

曇りの日には紫外線がないということはありません。ですから可能なら日傘や帽子を使う様意識しましょう。また日焼け止めの使用が理想です。日焼け止めを使う時に大事なのは連続して使うことです。朝つけたらもうOKというのではなく、2,3時間など数時間ごとに塗り直すと良いです。

 

たしかに面倒ですが、メラニン生成を抑えるために、紫外線対策を怠らない事、これも大事なポイントです。

シミ取りにおすすめ!化粧品人気ランキング

HANAオーガニック

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

 

オーガニックとつくように自然を意識した製品づくりをコンセプトとしているHANAオーガニックは、「私史上、最高の肌へ」をキャッチフレーズにし、天然100%のオーガニックコスメを製造しています。

 

天然成分を使用した優しい成分があなたの肌の透明感を取り戻します。

 

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

アンプルール

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

 

ドクターズコスメ」というキャッチフレーズで化粧品を製造するアンプルールは開発ディレクターに皮膚科医師を招いていて、医学的アプローチで肌の悩みを解決して美肌を目指すことを目標としています。

 

アンプルールの製品の評価は高く、美白ケア製品であるラグジュアリーホワイトシリーズの商品は、モンドセレクションで金賞を取るほどの実力です。

 

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

 

ディセンシアのサエル

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

 

敏感肌は、どこまでも美しくなれる」をモットーに開発を続けているPola・Orbisグループの立ち上げたサービスブランドDecencia!

 

乾燥肌・敏感肌専門ブランドというユニークなコンセプトで、通常肌の人と比べると美容に関して少し不利な立場にいる敏感肌の美白をやさしくサポートします。

 

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

 

ビーグレン

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

 

アメリカのビバリーヒルズのラボラトリーから発祥した化粧品会社、ビーグレンは薬を効率的に患部に届けるための技術を使用して、化粧品に応用しています。

 

肌の奥まで成分をしっかり浸透させる事」にこだわり、必要な成分を必要な箇所までしっかり届けるため、確かな効果を実感できます。

 

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

 

ロスミンローヤル

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!

 

女性にとっては悩みの種である小じわやシミやそばかす、肌荒れを改善するために開発されたロスミンローヤルは、シミ効くと認められている医薬品です。

 

年齢を重ねた女性には特に悩ましいこのダブルの肌トラブルに一度にアプローチできる優れた製品なので、シミに悩む女性であれば一度は試してみて損は無いのではないでしょうか?

 

シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!シミを消したい!気になるシミを取る方法│シミの対処法徹底解説!